2022年5月 くちびるに硫酸#4 「骨を捨てる」公演情報

くちびるに硫酸 #4
「骨を捨てる」

作・演出 水野はつね

*******************************************
「あたしねえ。たぶん、あんたたちさえいなきゃ幸せだったのよ」

姉妹二人、郊外でやや貧しく暮らすハルとミオ。
酒を飲みながらの思いつきで、死んだ母・依里子の遺骨を、彼女の故郷である北海道の海に捨てに行くことにする。
葬式をあげてやれなかった母への複雑な思いを抱えながら、二人は砂浜を目指し、カーフェリーで北上する。

第4回 人間座 田畑実戯曲賞受賞作。

2022/5/5-5/8
シアター・バビロンの流れのほとりにて

●キャスト
下村真梨奈
亀井理沙
石川久美子
佐藤英征

●日時・タイムテーブル
5/5 ◇14:00~ / 19:00~
5/6 19:00~
5/7 14:00~ / 19:00~
5/8 14:00~
 ◇はプレビュー公演
※上演時間は70分を予定

●チケット
前売3,000円 / 当日3,500円

◇プレビュー公演 (5/5 14:00~)
 前売り2,000円 / 当日2,500円
※プレビュー公演へお越しのお客様は、SNSへ口コミのご投稿をお願いいたします

●ご予約
https://www.quartet-online.net/ticket/onyourlips4
予約システムはアクセス集中などによってつながりにくくなることがございます。DM等でのご予約も承りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

Twitter:@H2SO4onyourlips
Instagram:@h2so4onyourlips
メールアドレス:h2so4onyourlips@gmail.com

●スタッフ
舞台監督 宮井浩行
美術制作 西村香音
照明 電気マグロ(gekidanU)
音響 ツカダソラ
音楽 鈴木明日歌(gekidanU)
制作 渡辺奈都 柿本理人
映像 ナナシママリア
小道具 椎木美月
フライヤーデザイン 内村かなこ
フライヤー写真提供 ナナシママリア

*******************************************
【くちびるに硫酸】
劇作家・演出家の水野はつねによる個人ユニット。
2017年3月、京都市内にて旗揚げ。
2018年夏頃まで京都市・大津市を拠点に活動。
その後、首都圏へ活動拠点を移し、これまで3度の公演を行う。

企画・脚本・演出を水野が務めるプロデュース公演を行っており、少女漫画や近現代の詩歌に影響を受けた作風が特徴。
愛や性、家族の在り方に関心を持った制作を行っており、「避けがたい悲しみの受容」が大きなテーマとして通底する。

【水野はつね(みずの・-)】
1992年、滋賀県生まれ。
2008年、高校入学を機に本格的に演劇を始める。
同志社大学の演劇サークルを経て、2017年3月に個人ユニット「くちびるに硫酸」を旗揚げ。
2021年、戯曲『骨を捨てる』で第4回 人間座 田畑実戯曲賞を受賞。

●サイト/SNS/ご連絡先
公式サイト:https://h2so4onyourlips.me
Twitter:@H2SO4onyourlips
Instagram:@h2so4onyourlips
メールアドレス:h2so4onyourlips@gmail.com

第4回 人間座「田畑実戯曲賞」を受賞いたしました

水野はつねの戯曲『骨を捨てる』が、第4回 人間座 田畑実戯曲賞を受賞いたしました。
日頃からお世話になっている皆様へ、ご報告と御礼を申し上げます。

◆人間座 HP
◆結果発表
◆選考コメントは後日公開

受賞作『骨を捨てる』は未発表作で、
くちびるに硫酸 #4として東京都内での上演を構想中です。
続報をお待ちください。

末筆ではございますが、
貸館や若手との積極的な交流の中で京都の豊かな演劇文化の一翼を担われてきた<劇団人間座>が主催されている戯曲賞で今回受賞作に選んでいただいたこと、大変光栄に思っております。

やはり特に人間座スタジオには、2012年の大学入学から、2018年頃に私生活の事情で上京するまでの間を中心に、観客としても公演参加者としても日常的にお世話になっておりました。
スタジオを揺りかごに、菱井様はじめ皆様に見守られ育った無数の演劇人の末席に連なる身として、これからも日々精進して参りたいと思います。

改めまして、くちびるに硫酸/水野はつねをどうぞよろしくお願いいたします。

うつくしい霧

勢いで、DEMETERのコロンの、5mlサイズを10本買った。
だって、好きにならずにいられるだろうか。こんなの。
シングルノートのオーデコロンで、そのままつけるのもいいけど、
手持ちの香水やDEMETERのもの同士を重ねたりしていくらでも遊べるらしい。
そんなの、ときめかずにいられるだろうか。

香水を置いている段はもういっぱい。
いつか母親が買い与えてくれたオードトワレが香水瓶に半分以上残っていて、
もう古い香水だし、あと1年余りで20代を終えようとしている自分には少し若いから、
ぜいたくにピローミストにしたりするけど、まだずいぶん残っている。
名前を言うのがちょっと恥ずかしいくらいメジャーなところのサブブランド。
ゼロ年代終わりの女の子っぽい、懐かしくていとおしい、フルーティフローラルの香り。

少し前のクリスマスに連れ合いと互いの欲しいものを贈り合ったとき
二人で選んだJ-scentの薄荷が最近は気に入っていて、春夏の仕事に行く日につけることが多い。
つけたばかりは薄荷の香りが強く清涼感が強いけれど、ミドルノートの女っぽいフローラルが
きちんと奥に控えている感じが好きだ。

一時期VAPEを検討した理由が「煙草じゃなく、何かいい香りを吸いたい」だったので
そもそもからして香りものをどっぷり好きになってしまう素質はあったんだけど
ただ、自分が身にまとう香水は、少しコンプレックス込みの好きかな、という気がして。
だって自分の体が美しかったことがないのも、
いい匂いなんかするはずがないのもずっとコンプレックスで。
でもその不足を補おうと思う自分を恥じるのはやめようと、最近は思っている。

どんな些細なことでもいいけれど、
不足していたなにかをちゃんと自分で手に入れた人は、誰もかれもかっこよく見えて。
ありとあらゆるきれいごとの中で、努力だけは最後まで信じていたい、と思う。
どんな些細なことでも、自分のために、自分がなりたいものになろうとするのって、
子どもよりもむしろ大人の特権であるような気がして。

自分を好きになる努力とか、そういうもののひとつとして
戯れに買ったカラコンも、けっこう面白い経験だった。
好き勝手化粧して、好きな香水をつけてきりっと歩く日も
すっぴんに普段着で気楽にだらだら歩く日も
変わらず楽しく生きようとか、自分を好きでいようとか、
そういう些細なことを考えながら生きているのが、いま、けっこう幸せだ。

身近にも、ニュースにも、怒りや不安を覚える出来事はいっぱいあるし、
ありとあらゆる欠如や悲しみを、ただの一つだって忘れてやるものか、と思う。
人生が順風満帆だったことなんてないから、これから先もどうなるか分からない。

だけど、これからも、どんなに辛い日も、今日だけはなるべくいい日であれと、
うつくしい霧を腰に吹きつけ、願いながら生きていくのだと思う。

書き上げて暫く

何を書くかいつもあまり決めずにwordpressに向かう。
そんなに大それたことを書かないし、書いてるうちに書きたいことが書かれてくる、ような気がしている。

とはいえ、戯曲、脚本、の類はそういうわけにいかない。
何度も書いて、消して、いいえ消すのはもったいないから、正確には隔離して残すんだけど。
残しても、残しても、戻せるような気がしなくて、悲しくなったりはしていた。
没、没、没、没。

そうやって何年も同じモチーフを持ち続けぐずぐずするほうなので、
3月半ば頃から急に筆が走り出したのは想像もしなかった事態だった。
きっかけは、しばらく揉んでいた話の設定をたった一つ変えただけのことだった。
少しパーソナルな方向に引き寄せたのはそうだけど、だからといってこれほど饒舌になるとは。

早く書けたからと言って人にうまく伝わるとは限らないし、
作品がいい方に変わっていたとして、人から見たら大したことない変化だろうと思うし、
そもそも、気のせいにすぎないような気がするし。
でも、何かを掴んだような気がして、少しだけ、先に自信が持てた気がする。
もっといろんなもの、書いてみたいと改めて思う。

もうじき29になろうという歳でも、急に変化を体感するようなことは起きるのだな、と思う。
80まで書き続けたら勝ちだと自分で決めている。
そのころ、私は手元になにを持っているだろう。

しらじらと暗く

湾岸の埋立地の夜は暗くて、青白い街灯と海からの風だけがつめたい。
喫煙所の脇を通りすがって、顔をしかめる。
赤と白の定置式のクレーンが無数に立っていて、
そういえばクレーンとは鶴のことではなかったか。
丹頂の色、といえば、それもそうか。

つめたい風は吹くけれど東京の冬はそんなに寒くなくて、
ポケットに手を入れれば手袋は要らない。
雪が積もるのは年に1回か2回、1cm積もれば交通が乱れ始めるというし、
過ごしやすいというよりは、
これは本当に冬なのだろうかと、拍子抜けする日すらある。

滋賀の南は関西のまちなかとほとんど同じ気候で、
特別寒くも、豪雪地帯でもないけれど、時々しっかり雪が積もる。
母は毎年律儀にスタッドレスに履き替えて、
本格的に活躍するのはまれだけど、十分、無駄はないぐらい。

街灯は眩しいのに白くて暗い。駅までの道を猫背で歩く。
似たようなリュックに予備校の参考書を詰めて
猫背で暗い道を歩いた9年ぐらい前、
京都はもっとずっと寒かったよな。

ポケットから手を出せば、東京のぬるい冬も多少は冷たくて
ふと、思春期のおわりの指先の鋭敏さを思い出す。
冬のベランダに出て指先を冷やすのが好きだった。
大泣きの前には指がじんとしてひりひりとした。
どこにも行けないような気がしたとき、こわばった指で食器を掴み損なった。

あの頃書いた詩のなかで、
透明水彩で色とりどりに汚したワイシャツや、
水底で錆びて、音もなくちぎれたピアノの弦。
ソルビトール、舌下錠、マイナーセブンス。
今もどこかにあるだろうか。

書いたことすら忘れてしまった言葉があるような気がするし、
覚えていても、口に出すことを許されない言葉があるような気がしている。
性愛とか、嫉妬とか、感傷とか、怨嗟とか、憧憬とか、
そういうものと絡まり合ってしまった、声に出せない言葉。

特筆して美しくも醜くもない言葉の連なりに、
それなりに醜い自分の姿が見えてくる。
誰に謝るために書いているんだろう、と思う。
自分のために謝り続けて、いったいなんになるんだろう。

猫背のまま、駅を見上げる。
驚くほど無遠慮に、明るく光っていて、どことなくばかばかしくて、
私のことなんて誰も見ていないって、分かっているのに恥ずかしい。
いっそ怖くないように、目を閉じて改札をくぐろうか。

美しくあること、見つけてもらうこと

見目が美しかったこともなければ、平均より美容に関心を持っていた覚えもないのだが、何の因果かここ2年ほど、化粧品を売る商売に関わりながら糊口をしのいでいる。
どうしても、いわゆる「女らしさ」をいとわない女性が多い業界に、
たまたまスキルが合致しただけの、私のような女がまぎれているのは、わりあい奇異なのではないか、と思わないこともない。

男性も容姿を問わずそれなりにいるわけで、無頓着そうな眼鏡女が一人紛れているぐらいのこと、実は特に気にする人もいないのではないか、という気もするのだが。
この業界に身を置いていながら、いまだにひとりでデパートのコスメカウンターに行くのは気が引けてしまう自分のことをそれなりに恥ずかしく思ってはいる。

わずかにずれたところに座る自分のたった2年弱のキャリアで、確信をもって語れることなんてひとつもないけれど、
品物よりも夢を売る商売をしているな、と感じる瞬間は多い。

ただでさえ美しいモデルを何百枚と撮影して、1枚のベストショットを必死で選び抜いて、
法律ギリギリのラインをかいくぐる表現を必死で探して、夢のような言葉に、ほんの小さな、ぎりぎり読めるか読めないかの注釈を入れて、嘘はついていないとアピールをして。
顧客をごまかしているようで、とことん忌まわしい仕事だと思う日もあるけれど、何より尊い天職だと思う日もある。

どんなにいい品物でも、中身がいいだけでは、売れないのだ。
目に留まらなければ。知ってもらわなければ。

色々鑑みて、自分が演劇をやるときに宣伝というのはかなり意識的に最低限にしてきたところがあると思うけれど、
キャストやスタッフにきちんと対価を支払ってプラマイゼロ、に近づけていくにはどうしたらいいのか。
自分が軸になって作る作品は、どんな人に届けるべきものなのか。
もっといろんなことを考えてお芝居を売らないと、趣味としてもやっていけなくなってしまうだろうな、と怯える日が確かにある。

そういうの、忌まわしいと思うばかりじゃなく、天職だと思う日もあるわけだし。

仕事帰りに凝った首をほぐそうと上を向いたら、星がやたらするどくまたたいていた。
ほんとはこんな風に何気なく、見つけてもらえればいいんだけど、
何気なく見つけてもらうために必要な、恒星のその熱量を思う。

泣いてる暇はない

、と虚勢を張れる強さを持ち合わせていれば、もう少し色んなことがうまくいっただろうか。と思って。
「遠回りしながらも正しく歩いてるんだ」、と思うようにして進んできたつもりだけど、挫折感がぬぐえないときはあって、
いっそ大声で泣きたいのに、ここしばらくの世相もあって引きこもっていると、刺激が足りなくて涙も出ない。

すごく恥ずかしい話、
2012年ぐらいから、形を変えながらずっと書き続けている作品がある。
もはや跡形もなく形が変わってしまって、でも書いて消して、
投げ出してしばらく放っておいて、また取り掛かって書いて消して、
私の力量では終わらせてあげることができないまま、ここまできた。

2年ばかり放っておいた、妄想の成れの果てのような文字の塊があまりにかわいそうで、さすがにそろそろ形を決めてあげたくて、
話の軸をそのままに新しい形を持ち込んで、古いフレーズも取捨選択しながら、人物の性質とか、細かい部分の設定とか、そういう部分を大きく見直して、
キャラクターがようやく完璧を嫌って、自ら動き出したような手触りがあって。
少しずつ、また進めている。
今度こそ終わらせたいし、やっぱりどこかで、自分の手で上演したい。

2012年に書き始めたものと「同じ作品」だと言い張る根拠はタイトルだけ。
軸はそう大きくぶれていないにせよ、モチーフも話の動きも大きく変わって、
さすがに表に出すときには改題しなければならないんだろうな。
8年も持ち続けた仮タイトル、日の目を見ないとしたら寂しいだろうか。
でも、こんなに長い間定められなかった結末を、些細なこだわりでだめにするほうが怖い、と思いながら、パズルを解くように一文字一文字を打ち込んでいる感覚。

何年も書いて消し続ける方なの、致命的だよな、って当然自分でも思っているけれど、
一度書き始めたものならなんとかして完成させたいし、
こじつけでもいいからそのときに完成させる意味を見出したい。

道にはきっとそもそも正解も間違いもなくて、
客観的には間違いっぱなしかもしれない道を自分なりに「正しい道」だと思えるように歩いてみたのは紛れもなく自分なので、
そういうある種のポジティブさだけはなんとかして誇れるように、こじつけてやるんだよ、と。
技術も体力もないまま、他人からは未練にしか見えないような感情とモチベーションだけで、書く人間、演劇をやる人間、を名乗り続けているならば。

「泣いてる暇はない」と言えずにどこかで泣く予定なら、まあそれはそれ、
だったら、泣いても足を止めないためにどうするか?

0703

仕事に疲れて体調を崩し、少し長く離れて、睡眠とか、日々のルーティンだとか、少し狂ってしまった。

GRAPEVINEを聴きながら、いつ上演できるかもわからないものを、夜中から今にかけて、何時間とかけて書いている。

今の時期に公演を打つ劇団の収支がかなり苦しいだろうことは想像がつく。
ならば、しかもそれが知り合いであれば、何を差し置いても行って観なければという気持ちと、
たとえば最悪の場合、観に行って数日後に自分の感染が分かったとき、どうやってその責任を取ればいいのか分からないという一抹の不安と。

年に1回も芝居ができればいいとこ、観客の側であることが圧倒的に多い私ですら、観客の立場で立ち尽くしてしまうというのが正直なところだ、

上演する側に立つことが圧倒的に多いあの人や、あの団体は?と心配し始めると本当にきりがない。

わたしたちはどこへ向かうんだろう、という不安が渦巻いて、ひどく重苦しいまま、この数か月を過ごしている。

素人として、せめていつか私の手で上演するはずの戯曲を、筆を進めるほかないのだけれど。書きなぐりたくなるほどには参っている。

0410

肉体があって、わたしがここにあって、折々の抜け殻として、文字の羅列を残す。

なんてことのない日常の営みとして。

肉体を伴わない言葉はないけど、つたないなりに体温を感じる言葉を残そうと思う。

当然、人肌の生あたたかさを孕んだ言葉なんて偏りそのもので、誰かの明確な救いにもなるんだろうし、一種のグロテスクでもある。

せめてその偏りが明快であれと思う。

わたしはとんでもなくずるく弱い生き物だし、ずっと不確かに漂流しながら、間違いばかりして、人を傷つけながら生きているけど、

言葉ぐらいは、その精一杯の虚勢として、なるべく媚びず、阿らず、立って誰かに手を差し伸べようともがくようなものを並べたい。

けれどそれだって、傷つけてきた誰かへのせめてもの言い訳であり、なんとかして格好つけたい自分への償いなのだと思う。

わたしが書いているのはいつも、回りくどく謝るための言葉だ。

謝ることができない大人にはなるまいというのが信条だけど、

最近は何度も筆を置いて、一向に、言い訳も謝る言葉も浮かばない。

時間だけは有り余っているはずなのに、なんの空想も浮かばなくなってしまい、

どう表現していいかわからないけど、イマジナリーフレンドを亡くしたようなスランプ加減だ。

ついに筆を折ろうかとさえ思った。

立ち現れた現実は私たちを進行形で打ちのめし続けていて、こういうときに、生ぬるい気持ちで誰かに寄り添っているふりをするのは、普段以上に、とても醜悪だと思う。

なんのために書いているのか自問自答を始めて、落ち込んで、逃げて、自傷じみた無益な一人問答を繰り返している。

だからこそ、なにか書かねばならないときでもあるのかもしれないけれど。

80まで何かを生み続けることが目標、と言ってしまったからには、意地で続けなければならない、と、確信めいたものはあるけれど。

そうして、こうやって、眠れない夜にブログぐらいは書く気になったらしいけれど。

やれるのかどうか、まだ自信はないまま。

そういえば、爪先立ちが似合わない歳になったよな、と思う。

もっとも、かろやかにつまさきで跳ねる少女だったころなんて、私にはなかったし、裸足を地面につけて、一歩ずつ進む以外に道はないんだろう、

これまでもこれからも。

背伸び

ブログはすぐに不精になってしまう。

アトリエ5-25-6Produce vol.1  くちびるに硫酸 #3 「あの星にとどかない」
終演のご挨拶もブログではしていなかったんですね。
アトリエ5-25-6(gekidanU)の皆様、出演者・スタッフの皆様、観に来てくださったお客様、本当にありがとうございました。

実は打ち上げの乾杯で泣き出してしまったのですが、
色んな刺激を頂いて、もう少し背伸びしたい、と思ったのが大きいです。
もうこんな歳、同世代より下で演劇を仕事にして巧みにやっている人がたくさんいて、そういう中でつたないものを「同人誌みたいにやる」って、自分のエゴ以外に需要がどこにあるの?って自分に囁く自分がいて、そういう気持ちとの戦い。
だけどまだあと少し、あと少し、細々と続けていきたいので、
もう少しだけ見守っていてほしいです。

今年も大変多くの方にお世話になり、本当にありがとうございました。
まだ、一緒にやらせていただけることに、心からの感謝を。