2022年5月 くちびるに硫酸#4 「骨を捨てる」公演情報

くちびるに硫酸 #4
「骨を捨てる」

作・演出 水野はつね

*******************************************
「あたしねえ。たぶん、あんたたちさえいなきゃ幸せだったのよ」

姉妹二人、郊外でやや貧しく暮らすハルとミオ。
酒を飲みながらの思いつきで、死んだ母・依里子の遺骨を、彼女の故郷である北海道の海に捨てに行くことにする。
葬式をあげてやれなかった母への複雑な思いを抱えながら、二人は砂浜を目指し、カーフェリーで北上する。

第4回 人間座 田畑実戯曲賞受賞作。

2022/5/5-5/8
シアター・バビロンの流れのほとりにて

●キャスト
下村真梨奈
亀井理沙
石川久美子
佐藤英征

●日時・タイムテーブル
5/5 ◇14:00~ / 19:00~
5/6 19:00~
5/7 14:00~ / 19:00~
5/8 14:00~
 ◇はプレビュー公演
※上演時間は70分を予定

●チケット
前売3,000円 / 当日3,500円

◇プレビュー公演 (5/5 14:00~)
 前売り2,000円 / 当日2,500円
※プレビュー公演へお越しのお客様は、SNSへ口コミのご投稿をお願いいたします

●ご予約
https://www.quartet-online.net/ticket/onyourlips4
予約システムはアクセス集中などによってつながりにくくなることがございます。DM等でのご予約も承りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

Twitter:@H2SO4onyourlips
Instagram:@h2so4onyourlips
メールアドレス:h2so4onyourlips@gmail.com

●スタッフ
舞台監督 宮井浩行
美術制作 西村香音
照明 電気マグロ(gekidanU)
音響 ツカダソラ
音楽 鈴木明日歌(gekidanU)
制作 渡辺奈都 柿本理人
映像 ナナシママリア
小道具 椎木美月
フライヤーデザイン 内村かなこ
フライヤー写真提供 ナナシママリア

*******************************************
【くちびるに硫酸】
劇作家・演出家の水野はつねによる個人ユニット。
2017年3月、京都市内にて旗揚げ。
2018年夏頃まで京都市・大津市を拠点に活動。
その後、首都圏へ活動拠点を移し、これまで3度の公演を行う。

企画・脚本・演出を水野が務めるプロデュース公演を行っており、少女漫画や近現代の詩歌に影響を受けた作風が特徴。
愛や性、家族の在り方に関心を持った制作を行っており、「避けがたい悲しみの受容」が大きなテーマとして通底する。

【水野はつね(みずの・-)】
1992年、滋賀県生まれ。
2008年、高校入学を機に本格的に演劇を始める。
同志社大学の演劇サークルを経て、2017年3月に個人ユニット「くちびるに硫酸」を旗揚げ。
2021年、戯曲『骨を捨てる』で第4回 人間座 田畑実戯曲賞を受賞。

●サイト/SNS/ご連絡先
公式サイト:https://h2so4onyourlips.me
Twitter:@H2SO4onyourlips
Instagram:@h2so4onyourlips
メールアドレス:h2so4onyourlips@gmail.com

第4回 人間座「田畑実戯曲賞」を受賞いたしました

水野はつねの戯曲『骨を捨てる』が、第4回 人間座 田畑実戯曲賞を受賞いたしました。
日頃からお世話になっている皆様へ、ご報告と御礼を申し上げます。

◆人間座 HP
◆結果発表
◆選考コメントは後日公開

受賞作『骨を捨てる』は未発表作で、
くちびるに硫酸 #4として東京都内での上演を構想中です。
続報をお待ちください。

末筆ではございますが、
貸館や若手との積極的な交流の中で京都の豊かな演劇文化の一翼を担われてきた<劇団人間座>が主催されている戯曲賞で今回受賞作に選んでいただいたこと、大変光栄に思っております。

やはり特に人間座スタジオには、2012年の大学入学から、2018年頃に私生活の事情で上京するまでの間を中心に、観客としても公演参加者としても日常的にお世話になっておりました。
スタジオを揺りかごに、菱井様はじめ皆様に見守られ育った無数の演劇人の末席に連なる身として、これからも日々精進して参りたいと思います。

改めまして、くちびるに硫酸/水野はつねをどうぞよろしくお願いいたします。

2019/11/2(土)~4(月祝)「あの星にとどかない」公演情報

アトリエ5-25-6Produce vol.1
くちびるに硫酸 #3 「あの星にとどかない」
作・演出 水野はつね

宇宙工学の研究をする若い科学者・マコト。
研究所の主であるカオルさんと一人娘のトコに支えられながら日夜研究に励んでいる。
ある日、マコトは自宅で謎めいたメモを見つける。
メモをきっかけに、夢とうつつの境目をさまようマコト。
欠落した記憶と、繰り返しよぎる幻。
「幸福は確かにあって、だけど目には見えない。人は幸福の痕跡を目にしてようやく、そこに幸福があったことに思い至る。僕らは、……僕らはあのとき幸福だったんだ。まちがいなく。」

――誰かを好きになったことがある大人のための60分絵本。

●出演
殿村雄大
伊藤優
亀井理沙
栄田真実

●会場:
アトリエ 5-25-6(荒川区南千住5−25−6)

●予約URL:
https://www.quartet-online.net/ticket/anohoshi

●日時:
2019年
11月2日(土) 14時~/18時~
11月3日(日) 14時~/18時~
11月4日(月/祝) 12時~/16時~

※受付開始/開場は開演の30分前

●料金:
予約・当日共に 2,500円

●スタッフ:
企画統括 遠藤遊(gekidanU)
舞台監督 ヒガシナオキ(gekidanU)
美術 よりぐちりょうた(gekidanU)
照明 電気マグロ(gekidanU)
音楽/音響 鈴木明日歌(gekidanU)
制作 しろ。
衣装 栄田真実
宣伝美術 あきやまみ

【くちびるに硫酸】 @H2SO4onyourlips
水野はつねによる個人ユニット。
2017年3月にリーディング公演「あの星にとどかない」を上演し旗揚げ。京都市・大津市を拠点に活動後、現在東京都内在住。首都圏では今回が初めての企画となる。
基本的には企画・脚本・演出を水野が務めるプロデュース公演を行う方針。散文詩的なモノローグを軸に、主に愛や性をテーマに据えた作品を発表。
「手の回る範囲で、あくまで趣味として、だからこそしっかりと」、同人誌感覚で演劇作品を発表し続けることがひとまずの目標。

水野はつね(みずの・–)
1992年、滋賀県生まれ。同志社大学文学部美学芸術学科卒業。
2008年、高校入学を機に演劇を始める。
2017年3月、リーディング公演「あの星にとどかない」で個人ユニットを旗揚げ。
2018年2月「傘の尖り」を経て現在に至る。

【アトリエ5−25−6 Produceとは】
南千住の住宅と駐車場を拠点に活動し、
住宅内での家公演や、毎年夏の野外演劇フェス「弔EXPO」を始めとした、
野外劇の上演を行っている、gekidanUによるプロデュース公演。
公演可能な場を持ち、スタッフがほぼ劇団メンバーのみで揃うという特性を活かし、
志はあれど時間やかけられる費用に制約がある方や、
地方からの上京でまだ表現ができる場を見つけられていない方などが、
よりよく公演を行うことができる環境を提供することで、
南千住の地からさらなる演劇文化の活性化を目指す。
Vol.1は京都出身ユニット「くちびるに硫酸」による上京初の公演となる。

【2019年11月】演劇作品 出演者募集@東京

※募集は終了いたしました。

2019年11月上旬、オリジナル戯曲の再演にあたり、
くちびるに硫酸ではキャストを募集しています。

■公演概要■
アトリエ5−25−6 Produce vol.1
くちびるに硫酸 #3 「あの星にとどかない」
作・演出 水野はつね

くちびるに硫酸は、手軽に、気楽に、あくまで趣味として、でもある程度きちんと手間暇かけた作品を作りたくて、京都の学生劇団OGが主宰する“個人ユニット”です。
今回が三度目の公演、2017年に旗揚げリーディング公演で上演した「あの星にとどかない」の再演を行います。
gekidanUさんの家劇場「アトリエ5-25-6」プロデュースの元、スタッフ面や劇場等のバックアップをいただきながら上演を目指す運びとなりました。

オーディションと名はつけていますが、能力云々で上から一方的に選ぶようなイメージよりは、
お友だちもそうでない人も、いろんな役者さん・スタッフさんに会ってみたいなあ、というスタンスです。
力を抜いて気楽に、関西から丸腰でやってきた日曜劇作家/演出家と知り合いに来ていただければ嬉しいです。

(アトリエ5-25-6Produce/gekidanUさんに興味のある方もどうぞ。詳しくはgekidanUさん特設ページにて)

■募集人員■
キャスト
・女性3名予定
・男性1名予定
計4名程度

作品あらすじ・募集予定の役の大まかなイメージはこちら

■稽古日程■
平日夜間 19時~22時の2~3時間×2日
土日いずれか6時間×1日(休憩有)
上記のペースを目安に、9月から週2~3日の稽古+各自の自主練習を想定しています。
出演者の予定や進捗を鑑みて調整有。通し稽古等は土日を想定。
稽古場は原則23区内(主宰の家があるので、東の方が多いと思います)。

■公演日程■
2019年11月2日(土)~4日(月・祝)の3日間を予定
アトリエ5-25-6(南千住)6ステージ程度
本番直前の木金は学校や会社のお休みを取っていただくことになる可能性が高いです。
(木曜は半休でも可の見通し、金曜は全休が望ましいです)
学生・会社員の方は決まり次第、早めからのご調整をお願いいたします。

■ギャランティ■
薄謝・チケットバック予定
ベースギャラ(5,000円程度)+チケットバック500円/枚を想定

■オーディション■
8月3日(土) 10時~16時の間
※上記で参加が難しい場合はお気軽にお知らせください。
※応募者の数によってオーディション/面談等の実施形式を適宜設定させていただきます。
事前に必ずお知らせいたします。
※応募状況によっては早めに応募を締め切る場合もございます。

■応募資格■
・上記コンセプト・日程・費用について承諾し、また参加が可能であること
・18歳以上であり、未成年者は保護者の承諾が得られること(高校生は原則不可)

■応募方法■
2019年7月31日(水)23:59までに、
下記メールアドレス
gekidanU0211@gmail.com
より
題名「アトリエ5−25−6Produce 出演希望」とし、
お顔がわかるお写真を1枚添付の上、
本文に
①お名前(芸名でも可)
②生年月日
③芸歴/経歴(形式自由)
④今回興味を持っていただいたきっかけ/ポイント
⑤オーディションのご希望のお時間帯
⑥ご質問、ご不明点等あればご自由にお知らせください。※記入任意
を記入の上、ご送信ください。

***

【アトリエ5−25−6 Produceとは】
南千住の住宅と駐車場を拠点に活動し、
住宅内での家公演や、毎年夏の野外演劇フェス「弔EXPO」を始めとした、
野外劇の上演を行っている、gekidanUによるプロデュース公演。
公演可能な場を持ち、スタッフがほぼ劇団メンバーのみで揃うという特性を活かし、
志はあれど時間やかけられる費用に制約がある方や、
地方からの上京でまだ表現ができる場を見つけられていない方などが、
よりよく公演を行うことができる環境を提供することで、
南千住の地からさらなる演劇文化の活性化を目指す。
Vol.1の今回は京都出身ユニット「くちびるに硫酸」による上京初の公演となる。

***

【くちびるに硫酸】 @H2SO4onyourlips
水野はつねによる個人ユニット。
2017年3月にリーディング公演「あの星にとどかない」を上演し旗揚げ。
京都市・大津市を拠点に活動、現在は東京都内在住。首都圏では今回が初めての企画となる。
基本的には企画・脚本・演出を水野が務めるプロデュース公演を行う方針。散文詩的なモノローグを軸に、主に愛や性をテーマに据えた作品を発表。
「手の回る範囲で、あくまで趣味として、だからこそしっかりと」、同人誌感覚で演劇作品を発表し続けることがひとまずの目標。

水野はつね(みずの・-)
1992年、滋賀県生まれ。同志社大学文学部美学芸術学科卒業。
2008年、高校入学を機に演劇を始める。
2017年3月、リーディング公演「あの星にとどかない」で個人ユニットを旗揚げ。
2018年2月「傘の尖り」を経て現在に至る。

【2018年2月】新作演劇作品出演者・スタッフ募集@京都・滋賀

※キャスト募集は終了いたしました。
スタッフはまだゆとりありますので、もしいらしたら引き続きお声がけください。

2018年2月中旬にオリジナル戯曲を上演するにあたり、
くちびるに硫酸ではキャスト・スタッフを募集しています。

***

■公演概要■
くちびるに硫酸「傘の尖り」
作・演出 水野はつね

ごく手軽に、気楽に、あくまで趣味として、でもある程度きちんと手間暇かけた作品を作りたくて、
同志社大の学生劇団OGが主宰する“個人ユニット”です。
今回で二度目の公演となります。
オーディションと名はつけていますが、上から能力を云々で選ぶようなイメージよりは、
お友だちもそうでない人も、いろんな役者さん・スタッフさんに会ってみたいなあ、という感じです。

主宰は92年生まれなので年齢の近い人だとなじみやすいかもしれませんが、高卒以上であれば年齢は問いません。
キャスト・スタッフ共、制約に負けず一緒に色々考えてくださる方だととってもうれしいです。

■募集人員■
キャスト
・女性2~3名
・男性2名
(+不問0~2名)
計4~7名程度
何らかの形でスタッフは兼ねていただく予定です。
演劇のスタッフ経験のない方もご相談させていただきます。

スタッフ
・舞台監督(補佐可)
・舞台美術(ミニマルな美術が得意な方、変わった素材での装飾アイデアが豊富な方がうれしいです)
・音響(主に仕込み・オペのできる方)
・制作(補佐可)
上記、重点的に探しておりますが、記載のない部署についてもお問い合わせください。
スタッフに関してはご相談・決定次第〆切となります。

作品あらすじ・募集予定の役の大まかなイメージはこちら

■稽古日程■
平日夜間 3時間×2日
土日いずれか6時間×1日(休憩有)
上記のペースを目安に、週2~3日の稽古+役者各自の自主練習を想定しています。
出演者都合と進捗を鑑みて調整有。
原則京都市内ですが、月1~週1程度大津市内での稽古も検討中です。

■公演日程■
2018年2月10日(土)~12日(月・祝)
5ステージ程度を予定、京都市内にて
※本番前2/5~会場設営予定です。
可能な限り日常生活と両立できるようなスケジュールで仕込みたいと考えています。

■参加費■
キャストについては、会場・装置・衣装等の費用として1万円程度を参加費としてご負担いただく予定です。
(金額は公演予算により若干変動します。ただし上限は1万5千円とし、いかなる場合もそれ以上のご負担は求めません)
スタッフは参加費無料となりますが、交通費等はご自身でご負担いただきます。
チケットバックあり。こちらも詳細は今後決定します。

■オーディション■
11/25(土)17時~21時、11/26(日)13時~17時をめどにキャストオーディション日程を設けます。
いずれかの日程で30~45分を目安に個人面談と読み合わせを行う予定です。
(ただし、万一予想を超える多数の応募をいただいた場合、やむを得ずグループでのオーディションとなる可能性があります)
日程応相談。上記以外の日程をご希望の方もまずはご連絡ください。
スタッフに関しても面談の上で部署や関わり方についてご相談させていただきます。

■応募資格■
・上記コンセプト・日程・費用について承諾し、また参加が可能であること
・18歳以上であり、未成年者は保護者の承諾が得られること(高校生原則不可)

■応募方法■
2017年11月21日(火)23:59までに、
mznhtn☆gmail.comまで以下の内容を明記の上ご連絡ください。
(アドレスの☆を半角@に変えてください)
・お名前
・年齢
・希望部門(キャスト・スタッフ併願可)
・希望するスタッフ部署
・オーディション/面談の希望日時
・所属(あれば)
・演劇経験の有無、スタッフワークの経験部署など(あれば)
・他、簡単な自己紹介、ご質問、伝えておきたいことなどあればご自由に記載してください

その他のお問い合わせについても上記メールアドレスまでどうぞ。
TwitterのDMでも受け付けております。

***

【くちびるに硫酸】 @H2SO4onyourlips 
水野はつねによる個人ユニット。
2017年3月にリーディング公演「あの星にとどかない」を上演し旗揚げ。現在は京都市・大津市を拠点に活動。基本的には企画・脚本・演出を水野が務めるプロデュース公演を行う方針。散文詩的なモノローグを軸に、主に愛や性をテーマに据えた作品を発表。
「手の回る範囲で、あくまで趣味として、だからこそしっかりと」、同人誌感覚で演劇作品を発表し続けることがひとまずの目標。

水野はつね(みずの・-)
1992年、滋賀県生まれ。同志社大学文学部美学芸術学科卒業。
2008年、高校入学を機に演劇を始める。2012年~2016年には同志社大学第三劇場に所属し活動。2014年10月には本名義で引退公演「花氷」の脚本・演出を行った。
2017年3月、リーディング公演「あの星にとどかない」で個人ユニットを旗揚げ。
平日昼間は地元滋賀で会社勤め。

2017/3/18(土)〜19(日)「あの星にとどかない」公演情報

くちびるに硫酸
「あの星にとどかない」
作・演出 水野はつね
2017/3/18(土)〜19(日)

おもて

宇宙工学の研究をする若い科学者・マコト。
研究所の主であるカオルさんと一人娘のトコに支えられながら日夜研究に励んでいる。
ある日、マコトは自宅で謎めいたメモを見つける。
メモをきっかけに、夢とうつつの境目をさまようマコト。
欠落した記憶と、繰り返しよぎる幻。
「幸福は確かにあって、だけど目には見えない。人は幸福の痕跡を目にしてようやく、そこに幸福があったことに思い至る。
僕らは、……僕らはあのとき幸福だったんだ。まちがいなく。」

▶公演日時

3/18(土)15:00〜/19:30〜
3/19(日)13:00〜/16:00〜

*公開ゲネプロ
3/17(金)19:30〜
(無料カンパ制・観劇後は当日中にSNS等へ口コミ投稿をお願いいたします)

▶チケット

前売(関係者・店舗等より、事前精算)
…学生700円 一般900円

予約(予約フォーム・メールより、当日精算)
…学生800円 一般1000円

携帯からの予約はこちらをクリック!

[PR] 撮影スタジオ
ゴールドカード
ハウススタジオ
クレジットカード初心者

当日券
…学生1000円 一般1200円

▶会場

Rocket Space

〒602-0832 京都府京都市上京区今出川通寺町西入大原口町224番地Campusビル2階
電車
地下鉄今出川駅から:3番出口より東に徒歩8分
京阪出町柳駅から:3番出口より西に徒歩6分
バス
河原町今出川バス停留所から:西に徒歩1分
同志社前バス停留所から:東に徒歩4分

▶出演
南濃雄一
田中沙穂(劇団ひまわり)
若林暢子
高江洲日名子
渡辺裕子
桐崎アイラ。(劇団抜きにくい釘)

▶スタッフ

舞台監督:桐崎アイラ。(劇団抜きにくい釘)
舞台美術:いのまちあーみ(演劇実験場下鴨劇場)
     桐崎アイラ。(劇団抜きにくい釘)
照明:斎藤浩一郎
宣伝美術:高江洲日名子
制作:徳泉翔平(劇団しようよ)
   パピヨン美輪(劇団洗濯氣)

【2017年3月】朗読劇出演者・スタッフ募集@京都

※募集は終了いたしました。ご応募ありがとうございました。

2017年3月18日(土)~19日(日)にオリジナル戯曲の試演を行うにあたり、出演者を若干名募集しています。

■公演概要■
くちびるに硫酸「あの星にとどかない」
作・演出 水野はつね

☆戯曲を手に持って、朗読劇スタイルでの上演となります。
出入り、舞台上の移動、目線、小道具の扱い等の指示や戯曲解釈のすり合わせを中心に、
土日いずれか一日・五時間程度の稽古×6~7回程度+ゲネプロ の短時間の稽古で作る習作として考えています。

☆ごく手軽に、気楽に、あくまで趣味として、でもある程度きちんと面白い作品をスローペースでも作り続けたくて、
学生劇団OGが主宰し、友人を集めて企画している公演です。
今のところ仲間は92-93年生まれが多いので、年齢の近い人だと場になじみやすいかもしれません。
現状決まっていないこともたくさんあり、骨組みがしっかりした公演とはとても言えないのですが、
制約の中でどうやって面白く見せるか、一緒に考えてくださる方がうれしいです。

■募集人員■
①当日出演キャスト
・主要女性キャスト1名
・性別不問キャスト2名
計3名程度
あらすじ、キャラクターの詳細なイメージ、台詞一部のサンプル等はこちら

②録音部分キャストボランティア
(稽古なし・後述の録音環境あれば遠方の方も可)
女性4名程度・男性3名程度~
・台詞を録音・編集し劇中で流します。
 キャラクター性が際立つタイプの台詞ではありませんが、印象的なシーンで繰り返し流す音の素材として使用します。
 世界観と予め決まっている台詞をお伝えし、読んだものを録音していただくことになります。
 場合によってはオリジナルの台詞などご提案いただいても構いません(使用するかどうかはこちらで決定します)。
・放送部などでのアナウンス経験のある方がいらっしゃれば、優先的にお願いしたいパートがあります。
・当日パンフレットへの掲載、又はカーテンコールでお名前をお呼びする形で出演者としてクレジットします。
 また、3/17(金)夜のゲネプロ又は本番いずれか一日程へご招待させていただきます。(交通費などはご自身の負担になります)

別途スタッフも募集予定です。気軽にお問合せください。

■稽古日程■
土日いずれか週一回、五時間程度
(出演者都合と進捗を鑑みて調整の可能性有)
京都市内にて

■公演日程■
2017年3月18日(土)~19日(日)
3~4ステージを予定
京都市内にて
※本番前3/16(木)をめどに舞台設営開始、3/17(金)夜をめどにリハーサル予定

■参加費■
交通費等は参加者負担となります。
また、当日キャストについては、会場・装置・衣装等の費用として最大1万円のご負担をいただく場合があります。
(ただし、オーディションで決定したキャストにはいかなる場合もそれ以上のご負担は求めません)
予算・チケットバック等は相談の上今後決定します。
録音ボランティアは参加費無料となります。

■オーディション■
1/8(日)、1/9(月・祝)、1/12(木)いずれも17時~21時をめどに当日キャストのオーディション日程を設けます。
いずれかの日程で45~60分程度をめどに個人面談と読み合わせを行う予定です。
(ただし、予想を超える多数の応募をいただいた場合、やむを得ずグループでのオーディションとなる可能性があります)
オーディション日程についてはご相談させていただきますので、それ以外の日程をご希望の方もご連絡ください。
録音ボランティアについては原則オーディションは行いません。

■応募資格■
・上記コンセプト・日程・費用について承諾し、また参加が可能であること
・当日キャストは18歳以上の男女、未成年者は保護者の承諾が得られること(高校生不可)
・録音ボランティアは原則18歳以上の男女で、二月中に京都市内でお会いしての録音が可能な方
 または、自宅にwavかmp3が扱えて壁などへの反響や雑音を避けられる録音環境があり、オンラインでのやりとりが可能な方(居住地不問)
 自宅録音の場合、保護者の承諾が得られる場合は年齢の下限なし

■応募方法■
2017年1月4日23:59までに、
mznhtn☆gmail.comまでに以下の内容を明記の上ご連絡ください。
(アドレスの☆を半角@に変えてください)
・お名前
・年齢
・希望部門、当日キャスト希望者は録音ボランティアとの併願の有無
・オーディション希望日程・時間
・所属(あれば)
・演劇経験の有無、スタッフワークの経験部署など(あれば)
・他、簡単な自己紹介、質問、伝えておきたいことなどあればご自由に記載してください

その他、お問い合わせも上記メールアドレスまでどうぞ。

【くちびるに硫酸】 @H2SO4onyourlips
水野はつね @hatsune_m 個人ユニット。
1992年生まれ、滋賀県在住。同志社大学文学部美学芸術学科在学中。
「水野はつね」はtwitterやブログに短歌や詩、掌編を掲載して遊ぶために高校卒業前後から使い始めた筆名。
2012年6月から2016年3月まで同志社大学第三劇場に所属し、本名 @Ui77kz で活動。
2014年10月に引退公演『花氷』の作・演出を行った。